山口県で地震に強い木造注文住宅を建てるなら株式会社ジューケン/Jyuken Co., Ltd.

For reliable life

home私たちの家づくりジューケンの家とは

工法

木の力を活かす工法


頑丈な建物は地面から

いくら建物がしっかりしていても地面が柔らかければ家が傾いてしまいます。
そこでまずは地耐力調査。専門の企業が地盤調査をしっかりと行った上で報告書を作成し、そこで得られたデータを解析の上で必要であれば地盤補強工事の施工を行います。
さらに調査結果をもとにして、万一の地盤沈下に対して10 年保証を設けています。
地盤調査

こだわりの基礎施工と安心の「見える化」

強い地盤を確保・保証した上で基礎面全体で建物を支える鉄筋コンクリートベタ基礎工法を採用し、強力な基礎を築きます。
コンクリートの配合計画書を作成し、現場で用いたコンクリートを一部保存して強度試験を行い実際に要求した以上の強度が出た事を確認する強度試験成績報告書を提出します。
さらに打設前には専門機関による配筋検査を実施し、建ててしまうと見えなくなる部分に対して施される安心(瑕疵担保責任保険)の体制を築いています。
基礎施工

建物の進化に対応した木造軸組工法

四季のある日本の風土にあった昔からの工法。吹抜けや中二階などの注文住宅ならではの特殊な間取りであっても、安心に値する耐力を保つために設計士がきちんと部材判定をして、荷重・耐震・風圧等を細かく検討した計算書を作成しております。
木造軸組工法

見えないけれど、見せたい気配りと技術

いくら見た目が良くても、見えない箇所=メンテナンス性が不透明。これでは良い設計とは言えません。住み始めてからのリスク管理とメンテナンス性にもこだわります。
給水システム、給湯配管、集中ヘッダ等の綿密な計画設計を施し、建築の知識がないお客様では分からない箇所だからこそ、ジューケンのノウハウを余すことなく注ぎ込み、将来の悩みやリスクをしっかりと管理した計画施工をしています。
規格化・合理化でコスト削減やリスク管理が進む一方で、現場の作り手の声(こだわり)やお客様のご要望に柔軟な対応が出来る臨機応変さの両立を、社長が現場監督をするということで成り立たせています。
メンテナンス性